カテゴリー別アーカイブ: 他学会情報・研究会・講演会

ワークショップ「ことばの発達の神経科学」@東北大学

3月22日(木)ワークショップ「ことばの発達の神経科学」@東北大学

 

<ワークショップのご案内>

主催:東北大学国際文化研究科 附属言語脳認知総合科学研究センター

第1回 ワークショップ「ことばの発達の神経科学」

日時:2018年3月22日(木)11:00-18:00

場所:東北大学川内南キャンパス文科系総合講義棟 211-212号室

概要:言語に関する文理融合型研究の発展を目指し、言語処理、言語習得、言語脳科学をテーマとする第1回ワークショップを開くことになりました。各分野をリードする研究による招待講演、ポスターセッション、意見交換会を予定しております。

皆様のご参加をお待ちしております。詳細は添付のポスターをご参照ください。

20180322WSposterUpdate

新小学校学習指導要領における外国語教育

日時:2018年3月10日(土)13:00-17:00
場所:宮城教育大学420教室
講演者・パネリスト:

  • 大城賢教授(琉球大学)
    『主体的、対話的で深い学び』を育む小学校英語(仮)
  • 中村典生教授(長崎大学)
    中学年、高学年、中学校へと5領域の指導をどうつないで行くか(仮
  • アレン玉井光江教授(青山学院大学)
    新教材にみられるリタラシー指導とその評価について(仮)
  • 司会
    鈴木渉(宮城教育大学)
新小学校学習指導要領における外国語教育-1

Call for papers: The First International Conference on Theoretical East Asian Psycholinguistics (ICTEAP-1)

The First International Conference on Theoretical East Asian Psycholinguistics (ICTEAP-1)

March 10-12, 2017

The Chinese University of Hong Kong

 

First Call for Papers

 

The First International Conference on Theoretical East Asian Psycholinguistics (ICTEAP-1) intends to promote dissemination of state-of-the-art findings in psycholinguistics, with emphasis on research that has cross-linguistic implications and empirical work that refers to East Asian languages, following the spirit of The Tokyo Conference on Psycholinguistics (TCP).

 

The conference invites submissions of papers in any area of L1 and L2 acquisition, (bimodal) bilingual acquisition, language processing, and cognitive neuroscience of language, among others, as well as theoretical studies (in phonology, morphology, syntax, semantics, or pragmatics) that have implications for “Plato’s Problem” (“How can we gain a rich linguistic system given our fragmentary and impoverished experience?”). Studies from different paradigms that address learnability issues are especially welcome.

 

There will be a special session on ‘Language acquisition and the theory of parameters: A critical reassessment’. In light of the special session, submission of papers on the re-evaluation of parametric theories is also encouraged.

 

Keynote Speakers:       

Stephen Crain (Macquarie University)

Maria Teresa Guasti (University of Milan-Bicocca)

Nina Hyams (University of California, Los Angeles)

Ken Wexler (Massachusetts Institute of Technology)

 

Invited Speakers:

Donna Lardiere (Georgetown University)

William Snyder (University of Connecticut)

 

Important dates:

Deadline for abstract submissions: November 1, 2016 at 9:00PM Hong Kong Time (HKT)

Notification of acceptance:     December 20, 2016

Conference dates:           March 10-12, 2017

We invite anonymous abstracts for 20-minute talks (followed by 10-minute discussions) and poster presentations. Abstracts should be written in English and limited to 500 words, with one extra page to include examples, references, tables and figures. Abstracts should be in standard 12-point Times New Roman font, with margins of 1 inch. No more than one single-authored and one co-authored abstract will be considered.

 

Abstracts should be submitted in PDF format via the EasyChair system:

 

https://easychair.org/conferences/?conf=icteap1

Organizer:

Language Acquisition Laboratory

Department of Linguistics and Modern Languages

The Chinese University of Hong Kong

 

Contact Person: Thomas Hun-tak Lee (The Chinese University of Hong Kong)

Preparatory Steering Committee:

Thomas Hun-tak Lee (The Chinese University of Hong Kong)
Mineharu Nakayama (The Ohio State University)

Yi-ching Su (National Tsing Hua University)

 

 

ICTEAP-1 Website:                         http://www.icteap1.net
ICTEAP-1 Email:
                           teap.cuhk2017@gmail.com

 

機能語用例データベース「はごろも」公開のお知らせ

東洋大学・筑波大学の堀恵子と申します。

「機能語用例文データベース「はごろも」の検索システムが公開されました。(2015.11.公開)

<http://jreadability.net/hagoromo>

これは,日本語教師支援、中上級以上の日本語学習者支援として、文法項目が実際に使われている用例文を話し言葉と書き言葉の複数のコーパスから抽出し、 web上で公開するものです。

また,当ページからは,「はごろも」が助成をいただいた科研グループのデータベースへのリンクもあります。日本語教育に役立てていただければ幸いです。

1.日本語教育語彙表検索システム(2014.11公開):http://jreadability.net/jev

・語彙の記述と用例を見ることができます。見出し語に様々な情報をつけています。

2.文章難易度測定するツール(2013.10公開):http://jreadability.net/

・文章の潜在的な特徴を抽出して,難しさを測るためのツールです。

どうぞよろしくお願いいたします。

[終了しました]TL/MAPLL2015 (8/5-6)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
電子情報通信学会 思考と言語(TL)研究会 (2015年 8月)(http://www.ieice.org/~tl/)
MAPLL2015 (Mental Architecture for Processing and Learning of Language 2015)
URL: https://sites.google.com/site/tlmapll2015/
発表募集案内
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ _/_/_/_/_/

開催世話人:津田塾大学学芸学部英文学科 小野創・郷路拓也
協賛:津田塾大学女性研究者支援センター(http://cwr.tsuda.ac.jp/index.html)

テーマ:人間の言語処理と学習

日程:8/5(水)・8/6(木)
場所:津田塾大学 小平キャンパス 5号館
http://www.tsuda.ac.jp/about/access/index.html

基調講演 Keynote speaker:
Janet Dean Fodor (The City University of New York)
http://www.gc.cuny.edu/Page-Elements/Academics-Research-Centers-Initiatives/Doctoral-Programs/Linguistics/Faculty-Bios/Janet-Dean-Fodor

招待講演 Invited speakers:
Masako Hirotani (Carleton University)
http://carleton.ca/lbl/

Harm Brouwer (Saarland University)
http://www.hbrouwer.eu/

MAPLL (Mental Architecture for Processing and Learning of Language)
及び TCP (Tokyo Conference on Psycholinguistics) との共催で以下のシンポジウムを開催します。

Symposium on Language Acquisition at the Intersection
of Theoretical, Experimental, and Computational Approaches

Kristen Syrett (Rutgers)
http://ruccs.rutgers.edu/~k-syrett/

折田奈甫 Naho Orita(Maryland/Tohoku Univ.)
http://ling.umd.edu/~naho/

菅原彩加 Ayaka Sugawara(MIT/Mie Univ.)
http://web.mit.edu/ayakasug/www/

学会の事前イベントとして、8/4(火)に以下の One Day Seminar を開催します。
開始時間、会場、事前登録などの詳細は追って学会web-siteに掲示します。
Seminar on neurocomputational modeling of language comprehension
Lecturer: Harm Brouwer (Saarland University)
http://www.hbrouwer.eu/

●開催趣旨
本研究会の国際ワークショップとの共催研究会では、毎年多くの海外で活躍する研究者の参加をいただいています。人間の言語の処理・学習に関する広い分野(手法、対象にかかわらず)からのご発表を募集します。また、以下の招待講演者による発表を予定しています。皆様のご発表を、お待ち申し上げております。

研究発表は日本語または英語で行っていただけますが、より多くのオーディエンスと情報交換していただくために、英語でのご発表を歓迎いたします。

● 発表申し込み方法
発表登録締切:6月15日(月)

下記ページで受け付けております。
英語用ページも別途用意していますが、日本語入力可能な方は一律こちらからお願いします。

http://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgid=IEICE-TL

手順:
1. 2015年8月5日(水)-8月6日(木) 津田塾大学小平キャンパス の行の「発表申込受付中」
をクリックしてください。

2. あとは所定の情報を入力していただくことになりますが、説明が必要な点のみ以下に記します。
a. 「講演の分類」は、ご希望の発表形態にかかわらず一律「一般講演(テーマ1)」をご選択ください。
(それ以外を間違って選択されても問題ありません。今回はここでの情報は参考にしません)
b. 画面下の方にある「備考」の欄で、
発表言語(英語or日本語)
発表形態の希望(口頭 or ポスター)
(口頭発表は20分発表、10分質疑を予定しています)
の別を記載していただきます。口頭発表の枠が限られているため、
口頭発表を希望された場合でもポスター発表に変更させていただく場合がございます。

c. 画面一番下の「原稿の著作権譲渡の同意確認」

発表が決まった方には、A4で6ページまでのpdf原稿を提出していただきます。
発表原稿は電子情報通信学会技術研究報告IEICE Technical Reportに掲載いたします。
発表原稿の著作権についての説明がここに記されており、発表申し込みの際には
これに同意いただく必要があります。

ここに記載してある説明内容の補足です。
発表著作物は電子情報通信学会に帰属しますが、著作者自身が自らの著作物を
私的に利用する場合や非営利目的で利用する場合には学会の許諾は原則不要で
す。ただし出所明示や権利表示を行って下さい。また、発表内容について
翻訳・翻案等のうえで新たに他学会や論文誌に投稿することを妨げません。
なお、自らの著作物を学会の公開日以前に公開することは禁じられています。

正式な執筆依頼(原稿提出締切日や必要書類等の案内)は、プログラム確定
後、電子情報通信学会よりE-mailにて6月中旬頃通知されます。
原稿締切:7月中旬予定

●参加申し込み方法(6月よりの予定)
基本的に研究会への参加申し込みは必須ではありませんが、大体の人数把握のた
め、発表者以外(共著者も)の方が参加を予定されている場合には、事前登録に
ご協力下さい。参加登録方法は以下のサイトに6月以降掲載予定です。

https://sites.google.com/site/tlmapll2015/

当日のワークショップの資料や懇親会の情報などは、ご登録くださった方に直接配信いたします。
皆様からの申し込みをお待ちしております。

[問合せ先]
tl.mapll.tsuda@gmail.com

電子情報通信学会 思考と言語研究会 (http://www.ieice.org/~tl/)
MAPLL2015 (https://sites.google.com/site/tlmapll2015/)
Organization committee: Hiromu Sakai, Tadahisa Kondo, Hajime Ono,
Yuki Hirose, Takuya Goro

JASLA全国大会@東北大12/19,20

●全国大会の概略
1.日時:2015年12月19日(土)・20日(日)
2.会場:東北大学川内北キャンパス(宮城県仙台市)
3.プログラム

・基調講演 
「CLIL的要素を持った第二言語指導の効果(仮)」
※CLIL:Content and Language Integrated Learning
村野井仁氏(東北学院大学)

・パネル・ディスカッション 
「様々なアプローチの第二言語習得研究 -最新の研究動向と教育的示唆-(仮)」
小柳かおる氏(上智大学):認知的アプローチ
鈴木渉氏(宮城教育大学):社会文化的アプローチ
中浜優子氏(慶應義塾大学):機能主義的アプローチ
コーディネーター:向山陽子氏(お茶の水女子大学)

・口頭発表,ポスター発表

●発表募集の概略
・発表形態:口頭発表、ポスター発表
・テーマ :第二言語,外国語としての日本語の習得研究
・応募資格:どなたでも応募できます
・応募期限:2015年8月10 日(月)(日本時間 23:59)(必着)
・採択通知:2015年9月末日までにメールで通知
・応募方法:メールによる応募

*詳細は、以下のJASLAサイトをご覧ください。
http://jasla.sakura.ne.jp/2.html

[終了しました] Charlene Polio教授追加講演@宮教大(5月19日)

Charlene Polio教授追加講演@宮教大
タイトル:Linguistic Development in Second Language Writing
日時: 2015年5月19日(火)14:40-16:10
場所: 宮教大(教室は未定)
連絡先: 鈴木渉(watarusuzuki@gmail.com)
講演内容:
I will report on two semester-long longitudinal studies of L2 writing development. To situate thestudies, I will begin with a short summary of the research on language development in L2 writing based on a review article (Polio & Park, in press). I will highlight the various approaches that researchers have taken and discuss some of the methodological challenges. The first study involves a data set that was analyzed from a variety of perspectives, the results of which were published in a recent special issue of the Journal of Second Language Writing (Connor-Linton & Polio, 2014). These data were analyzed for changes in accuracy, complexity, collocation, and discourse-specific features. What is particularly striking is that change occurred over one semester in most features except accuracy. The second study (Yoon & Polio, in progress) attempted to correct some of the methodological problems in previous studies by controlling for topic and genre. Data were collect six times over the course of a semester with students alternating between narrative and argumentative genres on counterbalanced topics. For some complexity measures, change over time was found, but there was a strong genre effect. Preliminary results show little influence of time or genre on accuracy. Based on the results of the literature review and the two studies, I will propose a research agenda (Polio, in progress) for the study of linguistic development in L2 writing.