カテゴリー別アーカイブ: 過去のニュース

テスト理論と言語テストの課題

テスト理論と言語テストの課題

講演者: 中村 洋一

日時: 2018年2月3日 (土) 13:00-16:00 (50分3回の150分の講演・ワークショップ,10分休み2回)

場所: 名古屋大学全学教育棟・北棟406号室 http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/ 地図のB4①

 

言語テストのはじまりは、/ʃ/ の発音ができるかできないかで、敵味方を見分けるために使われたShibboleth test だと言われている (旧約聖書『士師記』12章 ギレアデ人 [シボレテ] – エフライム族 [セボレテ] )。しかし、「科学的な」テスト理論や言語テストの研究が始まったのは20世紀になってからで、その歴史は未だ100年ぐらいだと言われている。そもそも、テストすべき「言語能力」の解明も完了してはいない。本講演は、そのような歴史の中で研究が進められてきたふたつのテスト理論を概観し、言語テストの課題と将来的な研究の方向性を考える。

 

  1. 古典的テスト理論 (Classical Test Theory: CTT)

古典的テスト理論では、正答数に基づく得点 (number right score) を使用し、真の得点と誤差得点が含まれることを前提に、基礎統計量、標準得点、信頼性、項目分析といった統計処理を行う。従来から広く使用されており、結果の検討が比較的容易であるという長所もあるが、受験者の得点がテストに依存する、あるいは、テストやテスト項目の特性が受験者に依存するために、いくつかの欠点や限界も指摘されている。

 

  1. 項目応答理論 (Item Response Theory: IRT)

項目応答理論では、得点間の間隔のゆがみを補正するために、素点を基に自然対数を使用して変換したロジット得点を使用し、テスト項目の特性と受験者の能力との関係性を、確率論として捉える。データの解釈に専門的な知識を要するといった課題もあるが、受験者集団に依存しないテスト項目特性の算出・テストに依存しない受験者能力推定値の算出・受験者個々の項目ごとの情報量算出が可能になるといった利点がある。

 

  1. 言語テストの課題

今後の言語テスト研究における課題としては、「言語能力」の解明へ向けての継続的な追求がまずあげられる。また、スタンダードセッティングにおける分割点 (Cut Score) の設定方法についても、潜在クラス分析 (Latent Class Analysis: LCA)・潜在ランク理論 (Latest Rank Theory: LRT)・混合ラッシュモデル (Mixture Rasch Model: MRM) といったテスト理論の新たな観点を検討しながら、より良い方法を見つけ出していかなければならない。さらに、コンピュータ技術との連携によるコンピュータ適応型テストの開発や、そのために必要なアイテムバンキングについても検討が必要である。

 

中村 洋一の略歴:

清泉女学院短期大学教授・国際コミュニケーション科長、youichi@seisen-jc.ac.jp 神奈川大学外語学部卒業後、長野県の高等学校で英語の教員を務め、その間、1993年に上越教育大学にて MA (教育学) を取得。常磐大学 (2000年〜2008年) を経て2009年から現職に至る。専門は言語テスト (項目応答理論・コンピュータ適応型テスト・アイテムバンキング・スタンダードセッティング)。著書・論文は『テストで言語能力は測れるか』 (2002、桐原書店)、「言語テストにおけるテスト理論とデータ分析」(2006、『世界の言語テスト』、くろしお出版)、「コンピュータ適応型テストの可能性」(2004、『日本語教育』、148 号)、「第11章 コンピュータ化された項目バンキング」の訳出 (2008、『テスト作成ハンドブック』、教育測定研究所)、「Standard Setting におけるCAN-DOリスト作成とCut Score 設定の課題」(2016、『言語研究と量的アプローチ』、金星堂) など。日本言語テスト学会事務局長を経て現在は理事。

 

連絡:玉岡 賀津雄 (tamaoka@nagoya-u.jp) or 三輪晃司(kojimiwa@nagoya-u.jp)

 

(終了しました)ことばが対人関係を変えるとき-コミュニケーションの神経言語学研究の展望

日程に誤りがありましたので、訂正します(2017年11月8日)

宮城教育大学の鈴木渉です。いつも大変お世話になっております。

本学では以下の講演会を予定しておりますので、皆さまお誘いあわせの上、ご参集ください。

12月21日(木)14:40-16:10@232教室

11月24日(金)14:40-16:10@230教室

木山幸子 氏(東北大学准教授)
タイトル:『ことばが対人関係を変えるとき-コミュニケーションの神経言語学研究の展望』

概要:ことばの果たす役割は、情報伝達のみではありません。同じ内容を伝えるのでも、ことばの選び方ひとつで、聞き手を喜ばせもすれば怒らせもします。聞き手は、そのことばを選んだ話し手がその時どのような感情を経験しているか、相手や場に対してどのような態度でいるかといったことをも察知します。なぜそうしたことが伝わるかを考える方法の1つとして、脳波やMRIなどの脳機能計測による言語理解の実験研究の一端をご紹介いたします。ことばによって対人関係が変化する過程のおもしろさについて自由に議論することができればと思っています。

講師紹介:博士(文学)ご専門は語用論的言語処理の加齢変化、フィールド認知神経言語学。

連絡先:ハンドアウト作成等のため、鈴木渉(suzukiw@staff.miyakyo-u.ac.jp) まで連絡ください。

[終了しました]Cognitive SLA研究における知識の測定方法:明示的・暗示的知識・自動化を中心に

2017年度お茶の⽔⼥⼦⼤学国際教育センター主催公開講演会

【講演題目】
Cognitive SLA研究における知識の測定方法:明示的・暗示的知識・自動化を中心に

【講師】鈴木祐一先生(神奈川大学外国語学部・准教授)

【⽇時】10⽉27⽇(⾦)10:40〜12:10

【場所】お茶の水女子大学 ⽂教育学部1号館1階第1会議室

アクセス・キャンパスマップ http://www.ocha.ac.jp/help/accessmap.html

(正門・南門の守衛所で,講演会への出席である旨,お申し出ください。)

【参加費】無料

【使⽤⾔語】⽇本語

【申し込み】
本学関係者は不要。学外からお越しの場合は下記の連絡先までお申し込みください。
お茶の水女子大学 国際教育センター global-kyoumu [at] cc.ocha.ac.jp
(メールの件名を「公開講演会申し込み」としてください。)

【講演要旨】
認知的アプローチに基づく第二言語習得研究(Cognitive SLA)を行う上で、「習得」および「第二言語(L2)の知識」をどのように定義するかという問題は避けては通れない。例えば、明示的知識と暗示的知識という区別は、理論的のみならず、教育的な観点からも重要である。また、L2言語知識および言語処理の自動化という関連した概念も存在し、どのようにL2知識を定義して、測定するべきかという問題は複雑に入り組んでいる。本講演では、Cognitive SLA研究を行う上で、L2知識の種類と定義および関連する概念を整理しながら、心理言語学の手法を応用した最近の研究において、どのようにしてL2知識が測定されているかを紹介する(e.g., Suzuki & DeKeyser, 2015; 2017; Vafaee, Suzuki, Kachinske, 2017)。最後に、L2知識の種類および測定方法が、どのようにCognitive SLA研究で活用されうるかということを議論する。

【References】
Suzuki, Y. and R. M. DeKeyser (2015). Comparing elicited imitation and word monitoring as measures of implicit knowledge. Language Learning, 65(4): 860-895.

Suzuki, Y. and R. M. DeKeyser (2017). The interface of explicit and implicit knowledge in a second language: Insights from individual differences in cognitive aptitudes. Language Learning. Early View.

Vafaee, P., Suzuki, Y., Kachinske, I. (2017). Validating grammaticality judgment tests: Evidence from two new psycholinguistic measures. Studies in Second Language Acquisition, 39(1): 59-95.

[終了しました]第1言語としてのバイリンガリズム研究会 (BiL1)–第16回研究会

第1言語としてのバイリンガリズム研究会 (BiL1)第16回研究会

立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科 協賛

「バイリンガリズムと手話研究」

 

日時: 2017 年10月7日(土)(13:20~17:30)

場所: 立教大学池袋キャンパス マキムホール(15号館)M301教室

〒171-8501

東京都豊島区西池袋3-34-1

http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction

*当日は手話通訳がつきます。

プログラム

——————————————————

司会

森(三品) 聡美 (立教大学)

開会挨拶 13:20~13:30

山本 雅代 (関西学院大学)

基調講演 13:30~14:30

「手話の脳内言語処理」

井狩 幸男 (大阪市立大学)

休憩14:30~14:40

 

招待講演14:40~15:40

「相互行為における即興手話表現-修復の連鎖の観点から-」

坊農 真弓 (国立情報学研究所&総合研究大学院大学)

休憩15:40~15:50

 

院生発表 15:50~16:25

「日英バイリンガル幼児の主語項選択における言語間相互作用-インプット効果の検証-」

長井 悠稀 (立教大学)

 

院生発表 16:25~17:00

「日本語ポルトガル語同時バイリンガル児童の日本語習得-「が」「を」「は」の理解の観点から-」

白川 峰子(カンタベリー大学)

 

グループディスカッション17:00~17:20

 

閉会挨拶17:20

井狩 幸男 (大阪市立大学)

 

・参加費: 1000 (会員は無料)

参加:参加申し込みは不要ですので、当日直接会場へお越しください。なお、研究会終了後(時間18:00〜20:00、予算5,000 円)、会場近く(場所未定)で懇親会を予定しています。こちらへの参加を希望される方は、9月27日(水)までに、e-mailの件名を「BiL1懇親会参加申し込み」と書き、1) 氏名2) 所属3) メールアドレスを記入して、morisato(a)rikkyo.ac.jpにご返信ください。

[終了しました]鳥飼玖美子氏 講演会 「グローバル市民になるために:大学の外国語教育における自律性の育成」

鳥飼玖美子氏 講演会
「グローバル市民になるために:大学の外国語教育における自律性の育成」
 
開催趣旨】
「グローバル」という言葉が日本の高等教育界を席巻する昨今、多くの大学では、外国語教育の充実をはかり、学生が外国語を学べる機会をより多く提供するために、様々な取り組みをおこなっています。しかし、外国語を修得するには、学生自身が、自律した学習者となって主体的に学びに取り組み、社会に出てからも学習を続けることが必要になります。学習の自律性とは、学習者自身が自分の学習の理由、方法、計画、評価などを選択し、自分の学習に責任を持つことを指します。そのためには、学習者一人ひとりが自分にとっての外国語学習の目標を持つことが重要になります。では、教育を提供する最終的な場所となる大学は、学習者の自律性を促進するためにどのような教育や支援をおこなえばよ いのでしょうか。本講演会では、鳥飼先生のお考えになる外国語教育とこれからの日本の言語教育の方向性をじっくりとお話しいただきます。研究者、教育関係者、学生、そして外国語学習にご興味をお持ちの多くの皆様のご参加をお待ちしております。
 
【日   時】   10月7日(土)14:00~16:00
【講     師】    鳥飼玖美子氏  (立教大学名誉教授)
【主  催】 國學院大學 教育開発推進機構ランゲージ・ラーニング・センター(LLC
【司  会】 松岡 弥生子 國學院大學 教育開発推進機構 准教授(ランゲージ・ラーニング・センター)
【会  場】 國學院大學 渋谷キャンパス
学術メディアセンター(AMC1階 常磐松ホール
       アクセスマップ https://www.kokugakuin.ac.jp/access
【申  込】 申し込みフォームに必要事項をご記入の上、送信してください(先着250名)
       https://k-form.kokugakuin.ac.jp/m?f=185
【申込締切】 922日(金)
【参    費】 無料
 ※講演は日本語でおこなわれます。
 
【問い合わせ先】
國學院大學 教育開発推進機構 ランゲージラーニング・センター(LLC
150-8440 東京都渋谷区東4-10-28 
松岡弥生子、教育開発推進機構 准教授 
Emailmatsuoka_y@kokugakuin.ac.jp
TEL: 03-5466-0523

[終了しました]日本第二言語習得学会・2017年度秋の研修会 

日時:2017年10月29日(日)10:30-17:00

場所:首都大学東京 南大沢キャンパス 国際交流会館大会議室 (https://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/access.html)

内容:

10:10– 受付
10:30–12:00 講演  須田孝司氏(静岡県立大学)
「日本人英語学習者の文処理方略について」
12:00–13:00 昼食・休憩
13:00-13:40 J-SLA総会
13:45–15:15 講演  清水崇文氏(上智大学)
「中間言語語用論:L2口頭運用能力の解明を目指して」(仮題)
15:30-17:00

 

講演  庵功雄氏(一橋大学)
「言語間の類似と相違を捉えるための機能主義的観点―場所を表す「に」と「で」、限定詞「この」と「その」を例に―」

*事前申し込みは不要です。直接会場にお越しください。

参加費:1,000円(会員、非会員、一般・学生とも)

http://www.j-sla.org/event/2017年j-sla秋の研修会/

問合先:J-SLA事務局 柴田美紀(Eメール:shibatamアットhiroshima-u.ac.jp)。

*Eメールの「アット」を「@」に変更してください。

[終了しました]新学術領域「共創言語進化」領域立ち上げ討論会・公募研究説明会のご案内

本年度採択されました文科省新学術領域研究「共創言語進化」の領域立ち上げ討論会兼公募研究説明会を以下のように開催します.皆さま奮ってご参加下さい.

・京都地区説明会
日時 9月19日(火)14:00-17:30
場所 京都大学 吉田南キャンパス, 人間・環境学研究科棟 地下大講義室
https://www.h.kyoto-u.ac.jp/access/#02

・東京地区説明会
日時 9月24日(日)14:00-17:30
場所 東京大学 駒場 I キャンパス, 21 KOMCEE West K001講義室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_55_j.html

・プログラム(両日とも)
14:00-17:00 領域立ち上げ討論会兼公募研究説明会
17:00-17:30 公募研究個別相談会

領域の概要については下記のURLをご参照下さい.
https://docs.wixstatic.com/ugd/0feab6_1c6cd94cc4bd487f8ad2b439c5c1cd1e.pdf

どうぞよろしくお願い致します.

新学術領域「共創言語進化(領域代表:岡ノ谷一夫)」
認知発達班代表 東京電機大学 小林春美

[終了しました]心理言語学方法論再考セミナー

9月30日(土)
心理言語学方法論再考セミナー

~視線、脳波、MRIのより良い活用法の模索~
http://skiyama.com/events

主催 東北大学・文学研究科言語学研究室、国際文化研究科附属言語脳認知総合科学研究センター

言語研究になぜ脳機能計測が必要なのか、各指標をどのように取り入れるのが妥当なのか。語彙処理、統語処理、語用論処理、言語習得、コミュニケーションといった様々な観点から日々言語のデータと格闘している研究者が、それぞれの立場から言語現象を説明するより良い手法を試行錯誤する過程をご紹介します。

日時:2017年10月1日(日)9:00~16:00
場所:東北大学川内南キャンパス(仙台市青葉区川内27-1)
文学研究科棟(キャンパスマップのC13) 135教室

プログラム
15:00-15:10 挨拶 高橋大厚(東北大学・国際文化研究科/附属言語脳認知総合科学研究センター長)
15:10-15:40 講演① 石鍋浩(東京福祉大学・国際交流センター/東北大学・加齢医学研究所)
文法構造の違いが第2言語学習メカニズムに与える影響:人工言語を用いたfMRI研究
要旨
15:40-16:20 講演② 玉岡賀津雄(名古屋大学・人文学研究科)
視線計測から見える日本語かき混ぜ語順文の処理過程
要旨
16:20-16:40 休憩
16:40-17:10 講演③ 熊可欣(名古屋大学・国際言語文化研究科/日本学術振興会)
日中バイリンガルが同形語を処理するとき、母語の統語情報がどこまで影響するか:視線計測を用いた検討
17:10-17:40 講演④ ジョンヒョンジョン(東北大学・国際文化研究科)
MRIを用いた言語コミュニケーション研究
要旨
17:40-17:50 休憩
17:50-18:40 講演⑤ 時本真吾(目白大学・外国語学部)
コソア時刻指示の理解に伴う脳波計測を通した、コソアの機能区分と脳内処理ネットワークの考察
要旨
司会:木山幸子(東北大学・文学研究科)
参加費:無料
事前予約:こちらからお申込みください。
問い合わせ:木山幸子(東北大学・文学研究科)
skiyama/at/tohoku.ac.jp(/at/を@に変えてください)
10月1日(日)
新しい言語研究のための脳波解析法ワークショップ
http://skiyama.com/workshop

主催:東北大学 文学部/大学院文学研究科 言語学研究室

新しい言語研究のための脳波解析法ワークショップ
~事象関連電位から発生源推定、個人内・個人間ネットワークへ~

講師:時本真吾先生(目白大学外国語学部・教授)
日時:2017年10月1日(日) 9:00~16:00
場所:東北大学川内南キャンパス(仙台市青葉区川内27-1)
文科系総合講義棟(キャンパスマップのC19) 105教室
脳波は長い研究の歴史がある脳活動の指標です。特に事象関連電位(ERP)は、行動実験では得られない反応傾向が現れる繊細な指標ですし、計算手順が簡単なことも手伝って大変多くの研究知見が蓄積されています。 言語理論はERPの研究知見を積極的に受け入れてきました。但し、脳波は頭皮上の電圧の変化なので、MRIのように脳内の活動を直接見ている訳ではありません。また、ERPも、研究の進歩に伴い、以前のように単純に解釈できなくなりました。一方で、脳波はMRIでは観察できない短時間内での脳活動変化を観察できます。また、計算機と解析技術の進歩によって脳波から脳内の神経活動を推定できるようになりました。
このワークショップでは、まずERPの解析手法をおさらいし、ERP以外の指標を含め、脳内の神経活動を分析する練習をします。
定員:30名(申し込みによる先着順)
参加費:無料
参加資格:言語の脳波解析をこれから実施しようとしている人
持ち物:MATLAB,EEGLABがインストールされたラップトップコンピュータ
【申し込み方法】 9月26日(火)までにE-mailにてお申し込みください。
【必要事項】①氏名(ふりがな) ②所属  ③職名(学生の方は学年)
【申し込み、問い合わせ先】木山幸子(東北大学大学院文学研究科)skiyama/at/tohoku.ac.jp   (/at/を@に変えてください)

[終了しました]ことばの科学会オープンフォーラム2017

ことばの科学会オープンフォーラム2017

■テーマ「ことばの認知研究と外国語教育への応用」
■2017年10月15日 (日) 12:50-17:30
■関西学院大学大阪梅田キャンパス10階1004教室
■内容
【I.音読ワークショップ】
『「英語授業自己診断テスト・音読指導編」で授業改善
―音読の主な手法と実施上の留意点』
・講師:鈴木寿一
京都教育大学名誉教授/京都外国語大学大学院非常勤講師
(無料、参加は会員のみ、事前申し込み必要、申し込み方
法は後日会員メーリングリストでお知らせします)
【II.シンポジウム】
・森下美和・神戸学院大学
「統語的プライミングの促進と英語学習」
・鳴海智之・兵庫教育大学
「タスクが日本人英語学習者の文理解時における
言語情報処理に与える影響」
・杉浦香織・立命館大学
「第二言語音声の暗示的学習―可能性と限界を探る」
・三木浩平・関西学院大学
「日本人英語学習者の語彙アクセス:
同綴異義語を用いた心理言語学的実験より」
(シンポジウム参加費:会員無料、非会員2000円)
■詳細情報: http://www.jsssmjk.org/
■問合せ:事務局 野村潤 <kotobanokagaku@gmail.com>