月別アーカイブ: 2015年3月

[終了しました]ホセイン・ナサジ教授 公開講演会のお知らせ

ホセイン・ナサジ教授 公開講演会のお知らせ

宮城教育大学附属
小学校英語教育研究センター
センター長 板垣 信哉

カナダのビクトリア大学教授、ホセイン・ナサジ氏による下記の講演会を一般に 公開いたします。ナサジ教授は第二言語習得研究の第一人者で数々の著作や論文 があります。当日は「How to focus on grammar in task-based instruction: Issues and options」というタイトルで講演会が行われます(講演会の内容の詳 細は下記をご覧ください)。

1. 日程:
4月19日(日) 14:00 ~ 16:00

2. 場所:
宮城教育大学 (仙台市青葉区荒巻字青葉149番地)2号館230教室

3. 対象者:
小・中・高等学校及び大学の英語教育に関心をお持ちの方。

4. 参加費:
無料

5. 申込方法及びお問い合わせ先:
お名前、ご所属、お電話番号(差し支えなければ携帯番号)、E-mailアドレスを ご記入いただき、鈴木渉(watarusuzuki@gmail.com)までご連絡をお願いいたし ます。

6. 申込締め切り:平成27年4月13(月)必着

7. 講演者:
ナサジ教授は第二言語習得研究分野で世界的な権威である。研究分野は、フィー ドバック、タスク、読解、語彙習得など多岐に渡る。『Form-focused instruction and teacher education: Studies in Honour of Rod Ellis』、 『Teaching grammar in second language classrooms: Integrating form-focused instruction in communicative context』、『Interactional feedback Dimension in in instructed second language learning』などの著書 や、Applied Linguistics, Language Learning, Modern Language Journal, Applied Psycholinguistics, Reading Research Quarterlyなど世界的な国際雑 誌に論文を出版している。

8. 講演内容:
Ample theory and research in the field of second language acquisition suggest that communicative interaction is fundamental for successful second language learning. However, SLA research also suggests that teaching approaches that are purely communicative in nature or those that focus only on message are not adequate for the development of language competence. Thus, in addition to having opportunities for using language for communicative purposes, learners also need to have opportunities for noticing and attention to linguistic forms. A major challenge in L2 instruction, however, has always been how to do so. The dilemma has been how to focus on linguistic forms without scarifying opportunities for meaning-focused communication or how to focus on grammar without returning to the traditional models of grammar teaching that are often found to be ineffective. The goal of this presentation is to address this issue. To this end, the presentation will begin with briefly reviewing task-based instruction as an important way of providing opportunities for meaning-focused interaction in the classroom. Issues with a task-based approach will then be considered. I will then show how a focus on form can be incorporated into classroom tasks. Drawing on recent theory and research, different strategies for doing so will be discussed. I will also present the various characteristics and rationales of these strategies and provide examples of how they can assist learners.

[終了しました]言語学公開講演会(3/25(水)@名大)

公開講演会2:

題目: 「テキストと語り・談話­­ — 空間的・時間的距離のある事象の語りの日英両語の比較対照から認められる言語多様性・固有性」

講師: 南雅彦氏 (サンフランシスコ州立大学/国立国語研究所, Journal of Japanese Linguistics 編集主幹)

後援: 平成26年日本学術振興会学術研究動向調査費

日時: 2015年3月25日(水) 午後4時半~6時

講演内容:

語りにおける論理展開のまとまり・一貫性と、節や文の相互関係、話の連鎖的構造における場面同士の結束性は、読み手・聞き手に話の内容を適切かつ効果的に明示するための語りの双子のエンジンの役割を果たしている。本発表では、話の全体構造、そして時制・能動態・受動態などの語りのデバイスを介して、空間的・時間的な視点(視座)がどのように表現されているかといった文脈的フレーミングの問題を一貫性と結束性から考察する。

参考文献:

樋口万里子・大橋 浩(2004)「節を超えて:思考を紡ぐ情報構造」大堀壽夫(編)『認知コミュニケーション論』(pp. 101–136)大修館書店.

Hasegawa, Y. (2011). The Routledge course in Japanese translation. London, UK: Routledge.

Minami, M. (in press). Narrative, cognition, and socialization. In A. De Fina & A.Georgakopoulou(Eds.), Handbook of narrative analysis. Malden,  MA: Wiley- Blackwell.

Minami, M. (in press). Narrative development in L1 Japanese. In M. Nakayama (Ed.),Handbook of Japanese psycholinguistics. Berlin/Boston, MA: De Gruyter Mouton.

****************************************************************************************

会場は

名古屋大学東山キャンパス全学教育棟4階406室
http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/index.html

(地図の「B4①」番)

交通案内: 地下鉄名城線名古屋大学駅①番出口徒歩5分

http://www.nagoya-u.ac.jp/access/index.html

入場無料・来聴歓迎(申し込み不要)

問合せ先:堀江薫 (horie@lang.nagoya-u.ac.jp )

[終了しました]言語学公開講演会(3/6(金)@名大)

公開講演会1
題目: 「言語の類型的特徴を捉えるための対照研究 : その可能性と限界をめぐって」

講師: 張麟声氏 (大阪府立大学教授)

後援: 平成26年日本学術振興会学術研究動向調査費

日時: 2015年3月6日(金) 午後4時半~6時

講演内容:

本講演では,言語学の一分野である「言語の類型的特徴をとらえるための対照研究」の源流,対象,課題,目的,方法を紹介する(例:橋本1978 1981, Comrie 1981,Croft 1990, Whaley 1997)。その上で、語順というファクターだけを用いた対照研究,及び、語順と形態という二重のファクターを用いた対照研究の2種類のタイプの研究を例として取り上げ、当該学問分野の可能性と限界について述べる(Greenberg 1963)。

対象言語のデータとしては,『中国少数民族语言简志丛书(中国少数民族言語概説叢書)』に入っているSVO,SOVの56言語を用いる。

参考文献(一部):

橋本萬太郎(1978)『言語類型地理論』,弘文堂
橋本萬太郎(1981)『現代博言学』,大修館書店

Comrie, Bernard (1981). Language Universals and Linguistic Typology,University of Chicago Press.
******************************************************************************************************************************

会場は

名古屋大学東山キャンパス全学教育棟4階406室
http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/index.html

(地図の「B4①」番)

交通案内: 地下鉄名城線名古屋大学駅①番出口徒歩5分

http://www.nagoya-u.ac.jp/access/index.html

入場無料・来聴歓迎(申し込み不要)

問合せ先:堀江薫 (horie@lang.nagoya-u.ac.jp )