月別アーカイブ: 2016年7月

[終了しました]ことばの科学会オープンフォーラム2016 (第8回年次大会)について

言語科学会会員の皆様へ

ことばの科学会では、以下のとおり、10月9日(日)にオープンフォーラム2016/第8回年次大会を開催します。詳細や最新情報は、ウェブサイト(http://www.jsssmjk.org)でご覧ください。

よろしくお願いいたします。

ことばの科学会オープンフォーラム2016オーガナイザー
京都女子大学
野村 潤

===ことばの科学会オープンフォーラム2016 (第8回年次大会)===

「第一言語獲得研究と第二言語習得研究の接点」

2016年10月9日(日)12:50〜17:30
関西学院大学大阪梅田キャンパス1004号室
http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/

【プログラム】
■基調講演
鈴木孝明(京都産業大学)
「母語獲得研究と第二言語習得研究における相互作用的アプローチ」
■研究発表3〜6件
■シンポジウム
稲垣俊史 (同志社大学)
「L2習得とL1習得の類似点と相違点」
野村潤(京都女子大学)
「L1における談話語用論的発達-L2研究との接点を探る-」
西川朋美 (お茶の水女子大学)
「子どもの第二言語習得の可能性と限界
-日本在住の日本語を第二言語とする子どもたちの日本語力-」

【研究発表募集中】
・2016年9月4日(日)まで
・発表言語(日本語または英語)にて、氏名・所属・発表タイトル・要旨(日本語500字、英語約200語)を メールで下記事務局までお送りください。
・発表資格は、会員のみです。非会員の方は、発表決定の際には入会手続きをお願いします。
・発表時間は、発表20分、質疑5分です。

お問い合わせ kotobanokagaku@gmail.com
ウェブサイト http://www.jsssmjk.org

Call for papers: The First International Conference on Theoretical East Asian Psycholinguistics (ICTEAP-1)

The First International Conference on Theoretical East Asian Psycholinguistics (ICTEAP-1)

March 10-12, 2017

The Chinese University of Hong Kong

 

First Call for Papers

 

The First International Conference on Theoretical East Asian Psycholinguistics (ICTEAP-1) intends to promote dissemination of state-of-the-art findings in psycholinguistics, with emphasis on research that has cross-linguistic implications and empirical work that refers to East Asian languages, following the spirit of The Tokyo Conference on Psycholinguistics (TCP).

 

The conference invites submissions of papers in any area of L1 and L2 acquisition, (bimodal) bilingual acquisition, language processing, and cognitive neuroscience of language, among others, as well as theoretical studies (in phonology, morphology, syntax, semantics, or pragmatics) that have implications for “Plato’s Problem” (“How can we gain a rich linguistic system given our fragmentary and impoverished experience?”). Studies from different paradigms that address learnability issues are especially welcome.

 

There will be a special session on ‘Language acquisition and the theory of parameters: A critical reassessment’. In light of the special session, submission of papers on the re-evaluation of parametric theories is also encouraged.

 

Keynote Speakers:       

Stephen Crain (Macquarie University)

Maria Teresa Guasti (University of Milan-Bicocca)

Nina Hyams (University of California, Los Angeles)

Ken Wexler (Massachusetts Institute of Technology)

 

Invited Speakers:

Donna Lardiere (Georgetown University)

William Snyder (University of Connecticut)

 

Important dates:

Deadline for abstract submissions: November 1, 2016 at 9:00PM Hong Kong Time (HKT)

Notification of acceptance:     December 20, 2016

Conference dates:           March 10-12, 2017

We invite anonymous abstracts for 20-minute talks (followed by 10-minute discussions) and poster presentations. Abstracts should be written in English and limited to 500 words, with one extra page to include examples, references, tables and figures. Abstracts should be in standard 12-point Times New Roman font, with margins of 1 inch. No more than one single-authored and one co-authored abstract will be considered.

 

Abstracts should be submitted in PDF format via the EasyChair system:

 

https://easychair.org/conferences/?conf=icteap1

Organizer:

Language Acquisition Laboratory

Department of Linguistics and Modern Languages

The Chinese University of Hong Kong

 

Contact Person: Thomas Hun-tak Lee (The Chinese University of Hong Kong)

Preparatory Steering Committee:

Thomas Hun-tak Lee (The Chinese University of Hong Kong)
Mineharu Nakayama (The Ohio State University)

Yi-ching Su (National Tsing Hua University)

 

 

ICTEAP-1 Website:                         http://www.icteap1.net
ICTEAP-1 Email:
                           teap.cuhk2017@gmail.com

 

[締め切りました]日本言語学会夏期講座@大阪大学

日本言語学会では、2年に一度、夏期講座を開催しており、今年は大阪大学豊中キャンパスにて6日間の日程で開催されます。

現在受講生を募集しております。ぜひご関心がおありの学生などに情報をお伝えいただければ幸いです。以下に、開催時期・時間割などを掲載します。詳細は、夏期講座ウェブサイトを御覧ください。どうかよろしくお願いいたします。

詳細情報:http://www.lang.osaka-u.ac.jp/~lsj-summer/index.html
お問い合わせ:lsj.kakikouza2016@gmail.com(宮本陽一・大阪大学)

2016年日本言語学会夏期講座
日時:2016年8月23日(火)~28日(日)1日4コマ自由選択
場所:大阪大学大学院言語文化研究科(豊中キャンパス: 講義等は共通教育棟使用)

内容:言語学に関心のある院生・学部生・日本語教師・教員などを対象に初級から上級まで関心に応じて学ぶ。科目と講師は以下のとおり。

[1限]
生成文法(初級):奥 聡(北海道大学)
フィールド言語学(初中級):長屋 尚典(東京外国語大学)
認知言語学(中上級):野村 益寛(北海道大学)

[2限]
音声学(初中級):中川 裕(東京外国語大学)
生成文法(中級):斎藤 衛(南山大学)
歴史言語学(中上級):吉田 豊(京都大学)

[3限]
社会言語学(初中級):木部 暢子(国立国語研究所)
日本語文法(中上級):小柳 智一(聖心女子大学)
統語論(上級):北原 久嗣(慶應義塾大学)

[4限]
対照言語学(初中級):廣瀬 幸生(筑波大学)
第二言語習得(初中級):吉村 紀子(静岡県立大学)
形態論(中上級):由本 陽子(大阪大学)

参加費:一般(学会会員)26,000円、(学会非会員)30,000円
学生(学会会員)16,000円、(学会非会員)20,000円
申込み:ウェブサイトにて(7月15日締切予定)