月別アーカイブ: 2016年9月

【終了しました】日本第二言語習得学会・第17回年次大会(J-SLA2017)発表者募集

日本第二言語習得学会・第17回年次大会(J-SLA 2017)発表者募集

日時:2017年6月3日(土)・4日(日)

場所:静岡文化芸術大学 (http://www.suac.ac.jp/)

招待講演: Dr. Holger Hopp (University of Braunschweig)

J-SLA2017での研究発表を募集します。研究発表には「口頭発表」または「ポスター発表」および「学生ワークショップにおける口頭発表」があります。発表を希望される方は、以下の要領で、ご応募ください。積極的なご応募をお待ちしています。

★「口頭発表」または「ポスター発表」について (「学生ワークショップにおける口頭発表」については、この下をご覧ください。)

1. 応募資格

応募者は、2017年6月3日の時点でJ-SLAの会員でなければならない。ただし、共同発表者については、会員でなくてもよい。

2. 募集する研究の領域

第二言語習得の理論的・実証的研究
(当学会のHP(http://www.j-sla.org/)の学会発足の趣旨を参照してください。)

3. 申し込み方法

発表要旨を電子メールで送付する(書式に関しては9を参照してください。)
件名は「J-SLA2017 abstract」とする
送付先: jsla2017abstracts@gmail.com

発表要旨は、必ず以下の二点を添付ファイルでお送りください。

① 指定の書式に従った発表要旨をWORDのフォーマットで保存したもの
② 指定の書式に従った発表要旨をPDFで保存したもの

*不備がある場合、審査に時間を要し結果報告などが遅れることにもなりますので、必ず両方をお送りください。

4. 締め切り

2017年2月28日(火)

5. 発表要旨受け取り確認のメールについて

担当者に電子メールにて発表要旨を添付ファイルで送付した場合、一両日中に担当者から受け取りメールが来ることになっています。万が一、受け取りのメールが来ない場合は、お手数ですが速やかに担当者までご連絡ください。誤って迷惑メールとして処理されてしまうことがあるかもしれませんので、よろしくお願いします。

6. 審査結果の発表

2017年3月末ごろまでに、本人にメールにて報告する。

7. 口頭発表の時間について

口頭発表は20分で行うこととし、その後に10分間の質疑応答の時間を設ける。

8. 使用言語:日本語または英語

9. 要旨の書式 (不備がある場合、審査結果が遅れる原因にもなりますので、必ず以下の書式に従ってください。)
(1) 英語のフォントはCentury 10.5 pt、日本語のフォントはMS明朝10.5 pt を使う。
(2)(2) 発表の言語と要旨に使用する言語を同一にする。
(3) 要旨の長さについては、日本語の場合には1600字以内、英語の場合には1000 words以内とする。なお、図や表を加えてもよいが、最終的な原稿がA4で2枚に収まるようにする。
(4) 以下のイ〜ハの内、いずれを希望するかを要旨の右上に明記する。
イ. 口頭発表のみを希望する。
ロ. ポスター発表のみを希望する。
ハ. 口頭発表を希望するが(選考の結果)口頭発表できない場合には、ポスター発表を希望する。
(5) タイトルを、要旨の最初の部分に記入する。
(6) 審査を無記名の状態で行うため、要旨には氏名を記入しない。
(7) 要旨の最後の部分に、それぞれの長さ(日本語の場合: 文字数、英語の場合: 語数)を記入する。
(8) 添付ファイル送付の際、電子メールの本文に以下のことを明記する。
*氏名(日本語)*氏名(英語)*所属(日本語)*所属(英語) *郵便番号 *住所 *電話番号 *電子メールアドレス *発表言語(日本語か英語のいずれか)

10. 応募と発表に関する注意事項

(1) 二重投稿は認めない。 (2) 未発表のものに限る。口頭発表、ポスター発表のいずれにも代理発表は認めない。 (3) 「口頭発表」は、個人研究・共同研究に関わらず、応募者ひとりについて一件とする。ただし、「ポスター発表」、「学生ワークショップ」(学生会員のみ)への同時応募はさまたげない。その場合、発表内容は異なること。

<その他の問い合わせ先>

J-SLA事務局 柴田美紀 shibatam@hiroshima-u.ac.jp
電話: (082)424-6430

★「学生ワークショップにおける口頭発表」について

学生ワークショップは、第二言語習得研究を行っている大学生・大学院生のためのワークショップで、大会第1日目の午前中に行います。このワーク ショップは、なるべく多くの人に発表してもらうため、いくつかのセッションを並行して行います。また、各セッションにはその分野の専門の研究者が参加し て、助言を行います。発表内容は、現在進行中の研究についてでも構いません。他大学の学生との意見交換を通して、研究の幅を広げましょう。

1. 応募資格

応募者は、2017年6月3日の時点でJ-SLAの学生会員でなければならない。ただし、共同発表者については、会員でなくてもよい。

2. 募集する研究の領域など

第二言語習得の理論的・実証的研究(学会発足の趣旨を参照してください。)現在進行中の研究でも構いません。

3. 申し込み方法

発表要旨を電子メールで送付する (書式に関しては10を参照してください)。
件名は「J-SLA2017 abstract」とする
送付先: jsla2017abstracts@gmail.com (西川朋美)

発表要旨は、必ず以下の二点を添付ファイルでお送りください。
① 指定の書式に従った発表要旨をWORDのフォーマットで保存したもの
② 指定の書式に従った発表要旨をPDFで保存したもの
*不備がある場合、審査に時間を要し結果報告などが遅れることにもなりますので、必ず両方をお送りください。

4. 締め切り

2017年2月28日(火)

5. 発表要旨受け取り確認のメールについて

担当者に電子メールにて発表要旨を添付ファイルで送付した場合、一両日中に担当者から受け取りメールが来ることになっています。万が一、受け取りのメールが来ない場合は、お手数ですが速やかに担当者までご連絡ください。誤って迷惑メールとして処理されてしまうことがあるかもしれませんので、よろしくお願いします。

6. 審査結果の発表

2017年3月末ごろまでに、本人にメールにて報告する。

7. 口頭発表の時間について

口頭発表は20分で行うこととし、その後に10分間の質疑応答の時間を設ける。

8. 使用言語:日本語または英語

9. 代理発表は認めない。

10. 要旨の書式
(1) 英語のフォントはCentury 10.5 pt、日本語のフォントはMS明朝10.5 pt を使う。
(2) 発表の言語と要旨に使用する言語を同一にする。
(3) 要旨の長さについては、日本語の場合には1600字以内、英語の場合には1000 words以内とする。なお、図や表を加えてもよいが、最終的な原稿がA4で2枚に収まるようにする。
(4) 要旨の右上に「学生ワークショップにおける口頭発表希望」と明記する。
(5) タイトルを、要旨の最初の部分に記入する。
(6) 氏名は、要旨には記入しない。
(7) 「要旨」の最後の部分に、それぞれの長さ(日本語の場合: 文字数、英語の場合: 語数)を記入する。
(8) 添付ファイル送付の際、電子メールの本文に以下のことを明記してください。
*氏名(日本語)*氏名(英語)*所属(日本語)*所属(英語) *郵便番号 *住所 *電話番号 *電子メールアドレス *発表言語(日本語か英語のいずれか)

<その他の問い合わせ先>

J-SLA事務局 柴田美紀 shibatam@hiroshima-u.ac.jp
電話: (082)424-6430

[終了しました]東京手話言語学研究会 第2回国際フォーラム

東京手話言語学研究会 第2回国際フォーラム
主催:東京手話言語学研究会(問合せ先: tokyo.shuwa.gengogaku@gmail.com
共催:慶應義塾大学松岡和美研究室・昭和女子大学浅田裕子研究室

日時:2016年9月27日(火)18時30分~20時
会場:慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎1階「シンポジウムスペース」
講師:Deborah Chen Pichler (ギャロデット大学教授)
演題(1): “Unimodal bilingual signers: A new direction for bilingual
research”
演題(2): “Get to know Gallaudet graduate program”
使用言語:英語(日本手話通訳あり)

チェンピクラー先生は,「ろう者の大学」として世界的に知られるギャロデット大学の教授として,手話言語のL1/L2研究を活発に展開されています。

今回は,手話のバイリンガリズムという珍しい研究トピックについてのご講演と,ギャロデット大学の大学院プログラムの紹介があります。

平日夜の開催となり恐縮ですが,ぜひご参加ください。
また,ご興味をお持ちの学生・研究者・一般の方にもお知らせいただけましたら幸いです。

sept27