月別アーカイブ: 2017年3月

[終了しました]言語科学会ワークショップ「Rによる線形混合効果(LME)モデルを使った反応時間実験データの分析法」

ワークショップ:

Rによる線形混合効果(LME)モデルを使った反応時間実験データの分析法

内容:

反応時間パラダイム(reaction time paradigm)を使った実験の反応時間(ミリ秒)および正誤(0と1)データの分析には,線形混合効果(linear mixed-effects, LME)モデルが使われることが多くなりました。そこで,今回のワークショップでは,Rを使って,一般的なLMEの分析法を紹介します(分析の手順は今回紹介する方法だけではありません)。①分析前のExcelによる反応時間と正誤判断データの編集,②RStudioの基本設定(作業ディレクトリとファイルの取り込み)③変数の対数および逆数変換と有効性の検討,③LMEの基本概念(固定変数とランダム変数),④LMEの分析コマンドと交互作用,⑤LMEのモデル検討,⑥LMEの結果報告,⑦その他のLMEに関連したコマンド,です。90分の2コマ(180分)で紹介します。あくまでLMEの分析の基本的な解説ですので,R自体の講習会ではありません。なお,参加者はRおよびRStudioをインストールしたラップトップ・コンピュータをご持参ください。講習会の後で,5時から近所のイタリアン・バルで懇談会を予定しています。ぜひ,こちらにもご参加ください。参加は自由,資料代は1,000円,予約の必要はありません。

日時: 2017年4月22日(土),13:00 – 16:30(30分の休みを含む)

場所:名古屋大学教養教育院405号室

http://www.nagoya-u.ac.jp/upload_images/campus_map_jp.pdfの地図B4のビル

講師:名古屋大学教授 玉岡 賀津雄

問い合わせ:tamaoka@nagoya-u.jp

2017.3.25 -言語科学会ワークショップ

 

2016年第18回大会 優秀論文賞

8(2016年第18回大会、東京大学駒場キャンパス)     授賞式は2017年大会

優秀論文賞

Kazumi Yamada and Yoichi Miyamoto: L2 Interpretation of Null Arguments by Japanese SFL learners and Spanish JFL learners
山田一美、宮本陽一 「日本語母語話者のSFL学習者とスペイン語母語話者のJFL学習者による空項のL2解釈」

優秀論文賞(JCHAT/CHILDES利用)

該当なし