[終了しました]言語学公開講演会(3/25(水)@名大)


公開講演会2:

題目: 「テキストと語り・談話­­ — 空間的・時間的距離のある事象の語りの日英両語の比較対照から認められる言語多様性・固有性」

講師: 南雅彦氏 (サンフランシスコ州立大学/国立国語研究所, Journal of Japanese Linguistics 編集主幹)

後援: 平成26年日本学術振興会学術研究動向調査費

日時: 2015年3月25日(水) 午後4時半~6時

講演内容:

語りにおける論理展開のまとまり・一貫性と、節や文の相互関係、話の連鎖的構造における場面同士の結束性は、読み手・聞き手に話の内容を適切かつ効果的に明示するための語りの双子のエンジンの役割を果たしている。本発表では、話の全体構造、そして時制・能動態・受動態などの語りのデバイスを介して、空間的・時間的な視点(視座)がどのように表現されているかといった文脈的フレーミングの問題を一貫性と結束性から考察する。

参考文献:

樋口万里子・大橋 浩(2004)「節を超えて:思考を紡ぐ情報構造」大堀壽夫(編)『認知コミュニケーション論』(pp. 101–136)大修館書店.

Hasegawa, Y. (2011). The Routledge course in Japanese translation. London, UK: Routledge.

Minami, M. (in press). Narrative, cognition, and socialization. In A. De Fina & A.Georgakopoulou(Eds.), Handbook of narrative analysis. Malden,  MA: Wiley- Blackwell.

Minami, M. (in press). Narrative development in L1 Japanese. In M. Nakayama (Ed.),Handbook of Japanese psycholinguistics. Berlin/Boston, MA: De Gruyter Mouton.

****************************************************************************************

会場は

名古屋大学東山キャンパス全学教育棟4階406室
http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/index.html

(地図の「B4①」番)

交通案内: 地下鉄名城線名古屋大学駅①番出口徒歩5分

http://www.nagoya-u.ac.jp/access/index.html

入場無料・来聴歓迎(申し込み不要)

問合せ先:堀江薫 (horie@lang.nagoya-u.ac.jp )