Studies in Language Sciences: Journal of the Japanese Society for Language Sciences

SLSの大会で発表された口頭発表論文を中心にStudies in Language Sciences(SLS)をedited volume(論文集という形態の書籍)としてくろしお出版から刊行してきましたが、SLS11からは、Studies in Language Sciences: Journal of the Japanese Society for Language Sciences を新たにジャーナルとして新しい編集体制のもとに開拓社より発行してきました。 大会で発表された方はもとより、それ以外に大会でのポスター発表の方や学会で発表していない会員の方からの「一般投稿」も可能となっています。投稿は随時受け付けています。 以下のページで詳細情報をご覧ください。

提出原稿には英文の場合150〜200語以内の要旨を冒頭につけ、8000語以内で原稿を作成ください。また、和文の場合400〜500字以内の要旨を冒頭につけ、18000字以内で原稿を作成ください。 奮って投稿をお願いいたします。
お問い合わせ、投稿は以下までお願いいたします:
堀江 薫(名古屋大学)horie(at)lang.nagoya-u.ac.jp
鈴木孝明(京都産業大学)takaaki(at)cc.kyoto-su.ac.jp
鈴木渉(宮城教育大学)watarusuzuki(at)gmail.com
Nathan Hamlitsch (nhamlitsch(at)gmail.com)

なお、投稿は、上記すべてのアドレスに送ってください。
またMS word とpdf のファイルを両方、MS ワードの方は名前と所属をいれるが、PDFの方は、その部分を空白にして送ってください。