「過去のニュース」カテゴリーアーカイブ

[終了しました]日本語学習者の言語能力から作文特性と語彙産出を解析する@名古屋大学(1/26)

名古屋大学大学院人文学研究科・第58回日本語教育学講座・分野講演会を行います。

ポスターを添付しておきます。 参加自由で,無料です。

  • タイトル:日本語学習者の言語能力から作文特性と語彙産出を解析する
  • 日時:2019年1月26日(土曜日) 13:00-15:30
  • 場所:名古屋大学全学教育棟・北棟406号室
  • 要約:コーパスは,個人の特性を含まず全体として頻度や表現を計算することが多いようです。しかし,教室内の日本語学習者の作文や語彙の産出をコーパスとして扱い,日本語学習者の言語能力の特性を含んで分析するにはどうすればよいのでしょうか。この講演会では,日本語学習者の作文と産出について,個々人のデータを活かしたコーパスデータの検索,データ編集,統計解析を紹介します。
  • 講演者①: 玉岡 賀津雄 (TAMAOKA, Katsuo) 名古屋大学大学院人文学研究科教授
  • 講演者②: 楊 艶萍(YANG, Yanping) 中南林業科技大学外国語学院日本語学部講師・学部長 名古屋大学・学術研究員(2018年10月から2019年9月)
  • 講演者③: 連 路(LIAN, Lu) 上海外国語大学・日本文化経済学院・博士後期課程3年 名古屋大学・交換留学生(2018年10月から2019年3月)
  • 問い合わせ先:名古屋大学・玉岡賀津雄 (Katsuo Tamaoka) tamaoka@nagoya-u.jp
2019.1.26 – 名古屋大学講演会

[終了しました]宮城教育大学講演会(2019年2月8日)

題目:Maximizing the Potential of Oral Corrective Feedback

日時:2019年2月8日(金)14:40 -16:10(受付14:30 -)

会場:宮城教育大学 2号館 230教室

*参加費無料(定員100名)
*2/1(金)まで、鈴木渉(suzukiw@staff.miyakyo-u.ac.jp)にご連絡ください

【講師】Roy Lyster (McGill University)

【趣旨】
Theoretical perspectives that run the gamut from skill acquisition
theory to cognitive-interactionist and sociocultural orientations
posit that oral corrective feedback is not only beneficial but may
actually be necessary for moving learners forward in their second
language development. This view has been substantiated by four
meta-analyses of primary studies that together provide strong
empirical support for its overall effectiveness. Even though the
provision of corrective feedback has consistently proven more
effective than its absence, there are still many variables that
interact to moderate its effectiveness.

First, this talk will identify different types of oral corrective
feedback and focus on their relative effectiveness as attested by
empirical classroom research. Next, a range of variables that moderate
their effectiveness (e.g., instructional setting, discourse context,
linguistic target, learner age) will be outlined to shed light on the
complexity of the decision-making process in which teachers must
engage to provide corrective feedback with optimal effectiveness.
Finally, various dichotomies typically associated with oral corrective
feedback (e.g., implicit vs explicit, recasts vs prompts, immediate vs
delayed) will be diffused with a view to making a case for the use of
a wide range of different types as a means to maximize its potential.

【講師紹介】
Roy Lyster is Emeritus Professor of Second Language Education at
McGill University in Montreal. He has a PhD in Applied Linguistics as
well as a B.Ed. and M.Ed. from the University of Toronto, and an MA
from the Université de Paris VII. His research examines content-based
second language instruction and the effects of instructional
interventions designed to counterbalance form-focused and
content-based approaches. He was co-recipient with Leila Ranta of the
1998 Paul Pimsleur Award for Research in Foreign Language Education
and was presented the Robert Roy Award by the Canadian Association of
Second Language Teachers in 2017. He is author of a module called
Content-Based Language Teaching published by Routledge in 2018, and
two books: Learning and Teaching Languages Through Content published
by Benjamin

ホ゜スター20190208

[終了しました]第58回名古屋大学大学院人文学研究科日本語教育学分野公開講演会「語彙から見るテキストの計量的分析」

2019年2月2日(土曜日)には,国語研究所の山崎誠先生による「語彙から見るテキストの計量的分析」のワークショップを開催します。このワークショップでも,RStudioを使って形態素解析とその結果を利用した頻度分析,対数尤度比による特徴語の抽出,語彙的結束性の計量,語彙の類似度,異なるテキスト間で共出現する語の分布などの計算を行います。参加は,予備登録は必要なく,自由で,無料です。ファイルを添付しておきます。

日時:2019年2月2日(土)13:00~17:00

場所:名古屋大学東山キャンパス全学教育棟北棟406

講師:国語研究所教授,山崎誠

タイトル:語彙から見るテキストの計量的分析

玉岡賀津雄
2019.2.2 – 山崎先生-1

[終了しました]名古屋大学大学院人文学研究科言語学分野公開講演会(平成31年1月)

***************************
名古屋大学大学院人文学研究科言語学分野公開講演会
(後援:平成30年度名古屋大学人文学研究科研究プロジェクト経費
「言語学・応用言語学分野の教育・研究促進プロジェクト」)
***************************

●●●第1回公開チュートリアル&第11回公開講演会●●●
https://www.hum.nagoya-u.ac.jp/event/event-sub2/111.html

講師: 南部智史先生(Monash University)
日時: 2019年1月7日(月)10:30~12:00; 13:00~14:30
場所: 名古屋大学東山キャンパス 文系総合館4階 カンファレンスホール(下の地図のB4④)
    (地下鉄名城線「名古屋大学」駅1番出口から徒歩数分)
    http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/higashiyama/hum.html

内容(どちらかのみのご参加も歓迎):
10:30~12:00 チュートリアル「言語の量的データと活用方法」
本チュートリアルでは、まず言語学で利用される量的データの主な特徴を概観する。次に、データの入力方法として現在利用可能なコーパスの使い方やオンラインでのアンケート調査の実施方法などについて紹介し、各自で実際にコーパスの使用、調査の作成を行う。時間があれば分析のための統計的手法についても概説する。(※可能であればノートパソコンをご持参ください。)

13:00~14:30 講演「『だ』の使用と規範意識に見られるギャップと言語変化について」
本研究で行ったアンケート調査によると、「適切だと思っていた価格」などで用いられる「だ」は「省略」すべきでないという規範意識があるようだが、コーパスに見られる実際の使用では「だ」が現れない場合が多い言語環境もあることが分かった。この講演ではこれまでの分析結果を紹介し、言語形式の社会的評価と使用のギャップについて言語変化の側面から議論する。

お問合せ: 大島義和

●●●第12回公開講演会●●●
https://www.hum.nagoya-u.ac.jp/event/event-sub2/12.html

講師: 岩崎志真子先生(Monash University)
題目: 「触覚・センソリアリティ(感覚)による相互行為:
    オーストラリアにおける盲ろう者の触手話会話分析」
日時: 2019年1月12日(土)16:00~17:30
場所: 名古屋大学東山キャンパス 全学教育棟北棟4階 406室(下の地図のB4①)
    (地下鉄名城線「名古屋大学」駅1番出口から徒歩5分)
    http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/higashiyama/hum.html

講演内容:
本発表では,オーストラリア触手話による相互行為の組織化に焦点をあて,触手話コミュニケーションのメカニズム、特に順番交替システムについて検討していく.また,触覚や感覚を利用した相互行為を会話分析的視点により分析し,相互行為におけるマルチモダリティとセンソリアリティについて考察する.触手話とは、先に聴覚を失い,その間手話を習得し,その後失明したという聴覚障害と視覚障害の両方を持つ人々(盲ろう者)が用いるコミュニケーション方法の一つである.
映像収録や編集技術といったテクノロジーの発展に伴い,会話分析のデータが電話の録音から対面的な相互行為へと変わり,ことばやプロゾディーなどの音声資源だけではなく,視線やジェスチャーなど,視覚資源も同時に分析するマルチモダリティという名称のもとに研究が進められている.しかし,盲ろう者にはそれらの音声資源や視覚資源は利用できない.それでは,盲ろう者はどのように会話を開始し,話者交替しながら会話を持続させ,そして会話を終わらせているのだろうか.本発表で、オーストラリアの盲ろう者がどのように順番交替を組織しているかを詳説する.これまでの相互行為分析は,健常者による会話や話しことばがマジョリティであった.一般的に,手話や触手話の研究は少なく、会話分析に至ってはほとんどない.また,触手話によるコミュニケーションを記述することが可能な方法は確立されておらず,記述および分析のための共通基盤がないのが現状であろう.そこで,本プロジェクトでは会話分析的な視点による触手話会話の分析を試み,モダリティを超えた人々の社会性と相互行為の普遍性,そして身体性について考察していきたい.

お問合せ: 安井永子

●●●第13回公開講演会●●●
https://www.hum.nagoya-u.ac.jp/event/event-sub2/13.html

講師: 前川喜久雄先生(国立国語研究所教授)
題目: 「『条件異音』の実証的再検討」
日時: 2019年1月25日(金)16:30〜18:00
場所: 名古屋大学東山キャンパス 全学教育棟北棟4階 406室(下の地図のB4①)
    (地下鉄名城線「名古屋大学」駅1番出口から徒歩5分)
    http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/higashiyama/hum.html

講演内容:
条件異音もしくは条件変異は、音韻レベルの条件にしたがって、単一音素が複数の音声に斉一的に変化して実現される現象をさす概念であり、音韻論における最も基本的な概念のひとつである。上記の概念規定からは、観測される条件異音の物理的ないし生理的特徴は、音韻論的な条件に従って、不連続な分布をなすか、もしくは急峻な多峰性の分布を示すはずである。しかし実際には、そのような予測に従う「条件異音」は必ずしも多くない。この問題について、日本語を対象に、大規模な自発音声コーパスやリアルタイムMRI動画データベースの分析に依拠した研究の現状を報告する。母音の無声化、ザ行子音の調音様式の変異、撥音の調音位置、アクセント句頭のピッチ上昇などの現象をとりあげる予定である。

お問合せ: 宇都木昭
共催: 名古屋音声研究会

●●●第14回公開講演会●●●
https://www.hum.nagoya-u.ac.jp/event/event-sub2/14.html

講師: Iraide Ibarretxe-Antuñano先生(University of Zaragoza)
題目: ”From semantic typology to language acquisition:
    The Thinking for Speaking Hypothesis in practice”
日時: 2019年1月28日(月)16:30~18:00
場所: 名古屋大学東山キャンパス 文系総合館7階 カンファレンスホール(下の地図のB4④)
    (地下鉄名城線「名古屋大学」駅1番出口から徒歩数分)
    http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/higashiyama/hum.html

講演内容:
The Thinking for Speaking Hypothesis (TFS) is a neorelativist proposal developed by Slobin (1991) and colleagues over the last thirty years. Its main argument is that the structure of a language directs the attention of its speakers to specific aspects of the experience when talking about them. As a result, speakers, guided by the linguistic resources available in their languages, will mention some elements and ignore others in the on-line verbalization of an event. The different linguistic patterns resulting from the TFS constitutes the rhetorical style. The TFS model has been widely applied to the study of first languages from a semantic typological perspective (cf. Berman & Slobin 1994; Strömqvist & Verhoeven 2004; Ibarretxe-Antuñano 2017), and in recent years, it has also become increasingly popular among second language scholars (Han & Cadierno 2010; Javis & Pavlenko 2008; Pavlenko 2011, 2014; among others) under the name of “re-thinking for speaking” (Robinson & Ellis 2008). This talk focuses on the advantages of taking into account TFS in second language. The main goal is to show how crucial it is to describe and consider which the rhetorical style of the languages involved is in order for the learners to acquire not just grammatically-correct sentences but also discursively-adequate and native-like utterances.

お問合せ: 秋田喜美

[終了しました]Paul Kei Matsuda教授 (アリゾナ州立大学)講演会@宮城教育大学(2019/1/8)

題目:Living with the English Language: An Autoethnography of a Language Learner 日時:2019年1月8日(火)14:40 -16:10 会場:宮城教育大学 7号館 720教室 *参加費無料(定員100名) *1/4(金)まで、鈴木渉(suzukiw@staff.miyakyo-u.ac.jp)にご連絡ください 【講師】Paul Kei Matsuda教授 (アリゾナ州立大学) 【趣旨】 The speaker, who has lived in the United States for 30 years, will discuss his life with the English language—from his humble beginning to years of developing, using and teaching English in various academic and professional contexts. Many people who are learning English in so-called EFL contexts like Japan seem to believe that the best or only way to learn English well is to live in an English-dominant context, but the speaker will try to debunk the myth of natural and easy language acquisition for adult language learners by sharing hisown experience along with his take on various theories of learning and teaching languages and literacies.  *講演は英語で行われます。 【講師紹介】 Paul Kei Matsuda is Professor of English and Director of Second Language Writing at Arizona State University, where he works closely with doctoral students specializing in second language writing from various disciplinary perspectives. He is also Concurrent Professor of Applied Linguistics at Nanjing University and Zhengzhou University. He is Founding Chair of the Symposium on Second Language Writing and Series Editor of the Parlor Press Series on Second Language Writing. Former President of the American Association for Applied Linguistics, he has also served as the founding chair of the CCCC Committee on Second Language Writing and the chair of the Nonnative English Speakers in TESOL (NNEST) Caucus. He has published widely on various topics on language, writing and professional development in applied linguistics, rhetoric and composition and TESOL, and has received a number of prestigious awards for his publications. 主催:宮城教育大学英語教育講座・教員キャリア研究機構(小学校英語教育研究領域) 【問い合わせ】suzukiw[@]staff.miyakyo-u.ac.jp([ ] を取ってください) ホ゜スター20190108_MUE_ver1

[終了しました]NINJAL Open House 12/22

既にご存知の方もおられるかと思いますが、国立国語研究所では、本年12月22日午後(13:00-15:45)に「国立国語研究所オープンハウス2018」を開催いたします。
これは国立国語研究所創立70周年・共同利用機関法人移管10周年の記念行事の一環として開催するもので、国語研で働いている研究者がどのような問題に興味をもって研究をおこなっているかを研究者以外の方々に広く知っていただくための企画です。
今回は来年度の本格実施にむけての「お試し」的開催となりますが、研究者ひとりひとりの顔がみえる行事をめざして、38件のポスター展示にくわえ、研究図書室の見学ツアーも開催します。
主な聴衆としては、日本語に学問的な興味をもつ大学生・大学院生を想定していますので、先生方が指導されている学生のみなさんに周知していただければ幸いです。
 
オープンハウス関係の情報は以下に掲載されています。
 
■オープンハウス2018
 
 
■創立70周年記念関連行事サイト
 
 
■オープンハウスのポスター
 

[終了しました]柴谷方良先生公開講演会(12月14日(金)午後@名古屋大学)

以下の公開講演会を開催いたします。柴谷先生の最新の体言化(nominalization)理論を体系的に解説して頂ける貴重な機会ですので奮ってご参加ください。同時に開催される以下の研究会も参加費無料ですので合わせてご参加頂ければ幸いです。

 1214日(金)午後5時~6

言語学分野第10回公開講演会

講師:柴谷方良先生(ライス大学/大阪大学)

演題:「体言化理論の基本理念と関連概念」

 概要:体言化(nominalization)についての現行の定義と現実の体言化現象とを比べることによって、体言化理論が備えなければならない基本理念を明らかにしつつ、

以下の関連概念について論じる。 

1.     Nominalizationは名詞化か?

2.     体言化は形態論的現象か?

3.     体言化構造(準体言)のタイプと用法

4.     体言化構造と関係節、名詞・動詞補文(noun/verb complement)、副詞節との関係

5.     準体助詞「の」は体言化辞(nominalizer)か?

6.     体言化構造と節(clause)・文(sentence)との相違

 https://cms.hum.nagoya-u.ac.jp/event/event-sub2/10.html

後援:平成30年度名古屋大学人文学研究科研究プロジェクト経費

「言語学・応用言語学分野の教育・研究促進プロジェクト」

場所:名古屋大学文系総合館7階カンファレンスホール

   http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/

   (キャンパスマップ内のB4の建物名古屋市営地下鉄

名城線「名古屋大学」駅番出口徒歩3分)

入場無料・事前申し込み不要

問い合わせ: 堀江薫 < horie.kaoru(AT)c.mbox.nagoya-u.ac.jp >

言語の類型的特徴を捉える対照研究会

回公開発表会

20181214日(15日(土)

         場所:名古屋大学文系総合館7階カンファレンスホール

プログラム

★研究発表                              

1214日(金)14:30 受付開始

第一部:司会(張麟声(大阪府立大学))

15:0015:40 清水政明(大阪大学)「ベトナム語の名詞化について」

15:4015:50 休憩

15:5016:30 龐龍傑(名古屋大学大学院)「文法化の観点から共格と等位接続の融合をみる日中対照研究日本語の「と」と中国語の「和」を中心に

16:3017:00 休憩

17:0018:30 特別講演(公開)柴谷方良先生(ライス大学/大阪大学)

      「体言化理論の基本理念と関連概念」(司会:堀江薫(名古屋大学))

 

1215日(土)930 受付開始

第二部:司会(清水政明(大阪大学))

10:0010:40 陳夢潔(大阪府立大学大学院)「SOV言語におけるコピュラと存在動詞の在り方の類型的特徴」

10:4010:50 休憩                  

 10:5011:30 道上史絵(大阪大学大学院)「事態把握の言語類型論―ベトナム語choを含む動詞連続文と日本語の対応表現を中心に」

11:3011:40 休憩

11:5012:30 張麟声(大阪府立大学)「「孤立」、「屈折(膠着・融合)」間の識別基準について

 

12:3012:40 閉会の辞:峰岸真琴(東京外国語大学)

研究会事務局:大阪府立大学人間社会システム科学研究科 張麟声研究室 chizhang@lc.osakafu-u.ac.jp(入会について)

     研究会・講演会問い合わせ:堀江まで

 

日本第二言語習得学会・第19回年次大会(J-SLA 2019)

日本第二言語習得学会・第19回年次大会(J-SLA 2019)
 
日時:2019年 6月1日(土)・6月2日(日)
場所:中央大学多摩キャンパス 
 
基調講演:Dr. Bill VanPatten
Independent Scholar/Input and More LLC
formerly with Michigan State University
 
表応募締切:  2019年2月28日(木)
 
発表応募送付先:  jsla2019abstracts@gmail.com
 
研究発表募集の詳細についてはJ-SLAホームページをご覧ください:
 
*研究発表には「口頭発表」または「ポスター発表」
および「学生ワークショップにおける口頭発表」があります。
募集する研究の領域は第二言語習得の理論的・実証的研究で、
発表言語は日本語または英語です。
 
<問い合わせ先>
J-SLA事務局 若林 茂則: j-sla2019@j-sla.org
 
…………………………………………………………………………………………………
 

[終了しました]宮城教育大学講演会・東北大学国際文化研究科講演会

『外国語学習の科学』(岩波書店)、『英語教師のための第二言語習得論入門』(大修館)等の著書で有名な、白井恭弘先生の講演会を二本立てで行います。 両講演(懇親会も含む)ともハンドアウト等の準備の関係から、申し込みが必要です。

  • 宮城教育大学講演会
  • 12月21日(金)14:40-16:10
  • 宮城教育大学2号館3階230教室
  • 講演者 白井恭弘(ケースウェスタンリザーブ大学)
  • タイトル 応用言語学と英語教育
  • 申し込み方法 鈴木 渉(suzukiw@staff.miyakyo-u.ac.jp

  • 東北大学国際文化研究科講演会
  • 12月21日(金)18:00-19:30
  • 川内キャンパス マルチメディア教育研究棟6階 M601
  • 講演者 Dr. Yasuhiro Shirai (Case Western Reserve University)
  • タイトル Connectionism and second language acquisition
  • 申し込み方法 Jeong Hyeonjeong(ジョンヒョンジョン)LBC.Tohoku@gmail.com

[終了しました]手話に関する国際シンポジウム12/9日大、12/15京大お知らせ

手話研究で世界的に著名なSherman Wilcox先生をお招きして国際シンポジウムが開催されます。日本の主な手話研究者も登壇されます (科研の新学術領域 「共創言語進化」主催で、京都大学谷口一美先生ほかの御尽力です)。 日程が可能でしたらぜひご出席ください。 December 9_2018
December 9_2018_p


December 15_2018
December 15_2018_p