慶應言語学コロキアム(チベット手話)


◆日時:2018年11月9日(金)18:30-20:00

◆会場:慶應義塾大学三田キャンパス 北館ホール
【交通アクセス・キャンパス案内】
https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html
→キャンパスマップ【1】が北館です
(参加費無料・事前申込み不要、会場にて参加者カード記入必要)

◆演題:
Signs of Resistance? The Social and Linguistic Milieu of Deaf Signers
in Super-diverse Lhasa City, Tibet Autonomous Region, China
(抵抗のサイン?中国チベット自治区の多様性都市ラサにおけるろう者の社会的・言語的環境)

◆講師:Dr. Theresia Hofer(テレジア・ホファー博士)
ブリストル大学上級講師・オックスフォード大学社会文化人類学研究所研究員

◆司会:松岡 和美(慶應義塾大学経済学部教授)

◆使用言語:英語(日本手話通訳あり)

◆講演内容の詳細は、下記URLよりご覧ください。
http://www.icl.keio.ac.jp/colo/2018/10/2018119.html
http://www.icl.keio.ac.jp/colo/2018/10/11/20181109.pdf

◆主催:慶應義塾大学言語文化研究所 共催:東京手話言語学研究会(TOSLL)