[終了しました]第1言語としてのバイリンガリズム研究会 (BiL1)–第16回研究会


第1言語としてのバイリンガリズム研究会 (BiL1)第16回研究会

立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科 協賛

「バイリンガリズムと手話研究」

 

日時: 2017 年10月7日(土)(13:20~17:30)

場所: 立教大学池袋キャンパス マキムホール(15号館)M301教室

〒171-8501

東京都豊島区西池袋3-34-1

http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction

*当日は手話通訳がつきます。

プログラム

——————————————————

司会

森(三品) 聡美 (立教大学)

開会挨拶 13:20~13:30

山本 雅代 (関西学院大学)

基調講演 13:30~14:30

「手話の脳内言語処理」

井狩 幸男 (大阪市立大学)

休憩14:30~14:40

 

招待講演14:40~15:40

「相互行為における即興手話表現-修復の連鎖の観点から-」

坊農 真弓 (国立情報学研究所&総合研究大学院大学)

休憩15:40~15:50

 

院生発表 15:50~16:25

「日英バイリンガル幼児の主語項選択における言語間相互作用-インプット効果の検証-」

長井 悠稀 (立教大学)

 

院生発表 16:25~17:00

「日本語ポルトガル語同時バイリンガル児童の日本語習得-「が」「を」「は」の理解の観点から-」

白川 峰子(カンタベリー大学)

 

グループディスカッション17:00~17:20

 

閉会挨拶17:20

井狩 幸男 (大阪市立大学)

 

・参加費: 1000 (会員は無料)

参加:参加申し込みは不要ですので、当日直接会場へお越しください。なお、研究会終了後(時間18:00〜20:00、予算5,000 円)、会場近く(場所未定)で懇親会を予定しています。こちらへの参加を希望される方は、9月27日(水)までに、e-mailの件名を「BiL1懇親会参加申し込み」と書き、1) 氏名2) 所属3) メールアドレスを記入して、morisato(a)rikkyo.ac.jpにご返信ください。