[終了しました]日本語学習者の言語能力から作文特性と語彙産出を解析する@名古屋大学(1/26)


名古屋大学大学院人文学研究科・第58回日本語教育学講座・分野講演会を行います。

ポスターを添付しておきます。 参加自由で,無料です。

  • タイトル:日本語学習者の言語能力から作文特性と語彙産出を解析する
  • 日時:2019年1月26日(土曜日) 13:00-15:30
  • 場所:名古屋大学全学教育棟・北棟406号室
  • 要約:コーパスは,個人の特性を含まず全体として頻度や表現を計算することが多いようです。しかし,教室内の日本語学習者の作文や語彙の産出をコーパスとして扱い,日本語学習者の言語能力の特性を含んで分析するにはどうすればよいのでしょうか。この講演会では,日本語学習者の作文と産出について,個々人のデータを活かしたコーパスデータの検索,データ編集,統計解析を紹介します。
  • 講演者①: 玉岡 賀津雄 (TAMAOKA, Katsuo) 名古屋大学大学院人文学研究科教授
  • 講演者②: 楊 艶萍(YANG, Yanping) 中南林業科技大学外国語学院日本語学部講師・学部長 名古屋大学・学術研究員(2018年10月から2019年9月)
  • 講演者③: 連 路(LIAN, Lu) 上海外国語大学・日本文化経済学院・博士後期課程3年 名古屋大学・交換留学生(2018年10月から2019年3月)
  • 問い合わせ先:名古屋大学・玉岡賀津雄 (Katsuo Tamaoka) tamaoka@nagoya-u.jp
2019.1.26 – 名古屋大学講演会