「JSLS」カテゴリーアーカイブ

JSLS JCHAT Award announcement

We are pleased to announce the winners of the twelfth JCHAT Award.

優秀論文賞:

(Best paper)

中国人日本語学習者が日本語文を読む際の眼球運動 ―漢字単語の処理に着目して-

徐 婕 (広島大学)・柳本 大地(広島大学)

“Eye-movements of Chinese students when reading Japanese: A study on the processing of Kanji-words” (in Japanese)

Jie XU (Hiroshima University),  Daichi YANAMOTO (Hiroshima University)

 

優秀論文賞(JCHAT/CHILDES利用) :

(Best paper utilizing JCHAT/CHILDES)

日本語母語児の動詞項構造の獲得におけるインプットの役割

加山 裕子 (University of Manitoba) ・大嶋 百合子 (McGill University, University of Victoria)

“The role of the input in the acquisition of verb argument structures in child Japanese” (in Japanese)

Yuhko KAYAMA (University of Manitoba),

Yuriko OSHIMA-TAKANE (McGill University, University of Victoria)

 

These papers were presented at JSLS2021.

We plan to have the award ceremony at JSLS2022 next year.

Congratulations!

Harumi KOBAYASHI, Chairperson of Japanese Society for Language Sciences

JCHAT Award announcement

We are pleased to announce the winners of the eleventh JCHAT Award.

Best paper:
Chuxin Liu (Tohoku University), Jessie Wanner Kawahara (Tohoku University), Mariko Nakayama (Tohoku University)
Visual Word Recognition in L2 Japanese for Chinese-Japanese Bilinguals: Does Phonological Similarity Modulate
Cognate Priming Effects in a Naming Task?
The paper was presented at the previous conference, JSLS2019.

Best paper utilizing JCHAT/CHILDES: None

We plan to have the award ceremony at JSLS2021 ( June 5-6, 2021), online virtual conference, Okinawa International University.

Congratulations!

Harumi Kobayashi, Chairperson of Japanese Society for Language Sciences

JSLS2020の開催中止

2020年2月25日
言語科学会年次国際大会(JSLS2020)中止のお知らせ

言語科学会会長 小林春美
JSLS2020大会実行委員長 里麻奈美

2020年5月30-31日に予定されていた言語科学会年次国際大会(JSLS2020)は、最近の日本における新型肺炎の状況に鑑み、中止することとしました。査読含め多くの準備がすでに進んでいるところでしたが、大会参加者の皆様の健康と安全を最優先に考えて決断いたしました。

大会は来年に沖縄国際大学(里 麻奈美大会実行委員長)で開催いたします。JSLS2021の日程が決まりましたらお知らせいたします。

JSLS2020へ向けて論文アブストラクトを投稿くださった方々、ありがとうございました。アブストラクトについて、今回採否は判断しないということでご了承ください。来年また改めて投稿くださることを期待しています。

なお、JSLSのオフィシャル・ジャーナルであるStudies in Language Sciences (SLS)(編集長 堀江 薫)では、通常の論文(英語8000 words, 日本語18000字まで)に加え、短い論文(英語2500 words, 日本語6000字まで)のセクションを新たに設けることとしました。今回発表申請をされた方、いずれかの論文の投稿をご検討ください。その他の方も投稿できます。この短い論文セクションの情報は、近日中に公開します。