年次国際大会アーカイブ

言語科学会第十九回年次国際大会

  • 大会HP
  • 大会プログラム
  • 日程: 2017年7月1日(土)〜7月2日(日)
  • 場所: 京都女子大学(東京都)
  • 基調講演
    • Amy Schafer (University of Hawai‘i at Mānoa)
    • “Differences between native and non-native English listeners in the use of prosodic focus and event structure to anticipate discourse structure and resolve reference”
  • 招待シンポジウム:The use of prosody by children, adults, and learners: Similarities and differences
    • 講演者
    • Yuki Hirose (University of Tokyo)
    • Chie Nakamura (JSPS/MIT)
    • Ayaka Sugawara (Mie University)
    • Commentator: Amy Schafer (University of Hawai‘i at Mānoa)
  • フォーラム:言語学的視点から探る心の理論の発達:日本語を中心に
    • 講演者
    • 鈴木孝明(京都産業大学)
    • 野村潤(京都女子大学)
    • 三浦優生(愛媛大学)
    • Commentator: 内藤美加(上越教育大学)
  • 大会実行委員長:野村潤(京都女子大学)

言語科学会第十八回年次国際大会

  • 大会HP
  • 大会プログラム
  • 日程: 2016年6月4日(土)〜6月5日(日)
  • 場所: 東京大学駒場キャンパス(東京都)
  • 基調講演
    • Franklin Chang (University of Liverpool)
    • “Linguistic adaptation as language learning: Linking L1 and L2 theories”
  • 招待シンポジウム1:コミュニケーションと思考から考える言語進化
    • 講演者
    • 岡ノ谷一夫(東京大学)
    • 藤田耕司(京都大学)
    • 橋本敬(北陸先端科学技術大学院大学)
    • Commentator: Franklin Chang (University of Liverpool)
  • 招待シンポジウム2:The state of the art in relative clause processing – recent findings from L1, L2, and cross-linguistic data
    • 講演者
    • Nayoung Kwon (Konkuk University)
    • Edson T. Miyamoto (University of Tsukuba)
    • Douglas Roland (The University of Tokyo)
    • Commentator: Franklin Chang (University of Liverpool)
  • 大会実行委員長:広瀬 友紀 (東京大学総合文化研究科)

言語科学会第十七回年次国際大会

  • 大会HP
  • 大会プログラム
  • 日程: 2015年7月18日(土)〜7月19日(日)
  • 場所: 別府国際コンベンションセンター(ビーコンプラザ)
  • 基調講演
    • Francesca Happé (Professor of Cognitive Neuroscience, Director of the Social, Genetic & Developmental Psychiatry Centre King’s College London)
    • “How is language affected by cognitive deficits and differences in Autism Spectrum Disorder?”
  • 招待講演
    • 吉川 雄一郎(大阪大学)
    • 人と関わりやすいロボットとは
  • 招待シンポジウム:認知・社会的能力に基づく言語使用:読み、書き、理解の検討から
    • 講演者
    • Masamichi Yuzawa (Hiroshima University)
    • Hidetsugu Komeda (Kyoto University)
    • Tomoko Matsui (Tokyo Gakugei University)
    • Discussant: Francesca Happé (Professor, Director of the MRC Social, Genetic and Developmental Psychiatry Centre, King’s College London)
  • 大会実行委員長:小林 春美(東京電機大学)

言語科学会第十六回年次国際大会

  • 大会HP
  • 大会プログラム
  • 日程: 2014年6月28日(土)〜6月29日(日)
  • 場所: 文教大学越谷キャンパス
  • 基調講演
    • Silvina Montrul(University of Illinois at Urbana-Champaign)
    • “Language attrition and heritage language reversal”
  • 基調講演(公開講演)
    • 松岡 和美 (慶應義塾大学)
    • 「手話言語学の現在と展望:統語と意味を中心に」( “Current Issues in Sign Language Linguistics: Syntax and Semantics”)
  • 会長講演
    • 小林春美 (東京電機大学)
    • “Word Learning from Social Cognitive Perspectives”「社会的認知の観点から見た語意味の学習」
  • 招待シンポジウム: “Limited input in language acquisition:What role does limited input play in the language skills among returnees and language learners?
    • 講演者
    • John Matthews (中央大学)
    • Neal Snape (群馬県立女子大学)
    • Makiko Hirakawa (文教大学)
  • 大会実行委員長:平川 眞規子(文教大学文学部)

言語科学会第十五回年次国際大会

  • 大会HP
  • 大会プログラム
  • 日程: 2013年6月28日(金)〜6月30日(日)
  • 場所: 活水女子大学東山キャンパス
  • 基調講演
    • James McClelland (スタンフォード大学)
      • “Gradience and similarity in sound, word, phrase, and meaning”
    • 上山あゆみ (九州大学)
      • “統語意味論:認知科学としての統語論の提案 “
  • 招待シンポジウム: “Input and the acquisition of linguistic categories”
    • 講演者
    • James McClelland (Stanford University) :”Learning to discriminate English /r/ and /l/ in adulthood: Behavioral and modeling studies”
    • Reiko Mazuka (RIKEN Brain Science Institute):”Learning that vowel duration is phonemic in Japanese: Insight from spontaneous infant-directed speech”
    • Yuriko Oshima-Takane (McGill University):”Acquisition of personal pronouns in English: Neural network simulations by knowledge-based cascade correlation “
  • 大会実行委員長:狩野 暁洋 (活水女子大学文学部英語学科)

言語科学会第十四回年次国際大会

  • 大会HP
  • 大会プログラム
  • 日程: 2012年6月30日(土)〜7月1日(日)
  • 場所: 名古屋大学
  • 基調講演
    • Niels Schiller (Leiden University, the Netherlands)
      • “Morphological encoding in language production: Behavioral, electrophysiological and functional imaging evidence”
    • Colin Phillips (University of Maryland, USA)
      • “What is a mental grammar?”
    • 今井むつみ (慶應義塾大学環境情報学部教授)
      • 「音象徴の心と脳のメカニズム」
  • 招待シンポジウム: “Why do we study Japanese sentence processing?”
    • 講演者
    • Yuki Hirose (University of Tokyo) :”Encoding and decoding of wh-scope in Japanese from the perspective of incremental processing”
    • Hajime Ono (Kinki University):”Integration costs in the processing of Japanese wh-interrogative sentences”
    • Masako Hirotani (Carleton University) :”Rethinking the role of Broca’s area in sentence processing”
  • 大会実行委員長:玉岡賀津雄 (名古屋大学大学院国際言語文化研究科)

言語科学会第十三回年次国際大会

  • 大会HP
  • 大会プログラム
  • 日程: 2011年6月25日(土)〜26日(日)
  • 場所: 関西大学
  • 基調講演
    • ニコ・ベスニエ(アムステルダム大学)
      • “Language on the Edge of the Global: Linguistic Practices, Agency, and the Complexity of the Local”
    • 片桐恭弘(はこだて未来大学)
      • 会話インタラクションの文化パラメータ
  • 招待シンポジウム: 「伝達・運用能力再考—フィールドワークおよび実証研究からの提言—」
    • 講演者:
      • Zane Goebel (LaTrobe University) ,
      • Misao Okada (Housei Gakuen University),
      • Akira Takada (Kyoko University),
    • 討論者:ニコ・ベスニエ(アムステルダム大学)
  • 大会実行委員長:池田佳子(関西大学)

言語科学会第十二回年次国際大会

  • 大会HP
  • 大会プログラム
  • 日程: 2010年6月26日(土)〜27日(日)
  • 場所: 電気通信大学
  • 基調講演
    • ジャック・ビルマス(University of Hawai’i)
      • “Occasioned Semantics: Meaning in Talk”
    • 松本 裕治(奈良先端科学技術大学院大学)
      • 単語依存構造と単語共起による言語解析と理解
  • 招待シンポジウム: “Conversation Analysis in the Japanese Context: Organizations of Answers to Questions in Various Settings”
  •  講演者
    • Shuya Kushida (Osaka Kyoiku University)
    • Makoto Hayashi (University of Illinois at Urbana-Champaign)
    • Aug Nishizaka (Meiji Gakuin University)
    • Yuri Hosoda
    • David Aline (Kanagawa University)
    • 討論者:ジャック・ビルマス(University of Hawai’i)
  • 大会実行委員長:ハウザー・エリック(電気通信大学)

 

言語科学会第十一回年次国際大会

  • 大会HP
  • 大会プログラム
  • 日程: 2009年7月4日(土)〜5日(日)
  • 場所: 東京電機大学鳩山キャンパス
  • 基調講演
    • ロバータ・ゴリンコフ(University of Delaware; Director, UD Infant Language Project)
    • “Word Learning: A View from the Radical Middle”
  • 特別講演
    • 山本淳一(慶応義塾大学)
    • 自閉症児の言語発達支援
  • 招待シンポジウム: 「Learning nouns and verbs」
    • 講演者:
      • 大嶋百合子(McGill University)
      • 今井むつみ(慶応義塾大学)
      • 宮田スザンヌ(愛知淑徳大学)
    • 討論者:ロバータ・ゴリンコフ(University of Delaware; Director, UD Infant Language Project)
  • 大会実行委員長: 小林春美(東京電機大学)

言語科学会第十回年次国際大会

  • 大会HP
  • 大会プログラム
  • 日程: 2008年7月12日(土)〜13日(日)
  • 場所: 静岡県立大学
  • 基調講演
    • Bernard Comrie (Max Planck Institute)
    • Exploiting the World Atlas of Language Structures: New Directions in Areal Typology
    • 村杉恵子(南山大学)
    • 対照言語獲得研究からみる日本語
  • 会長講演
    • 白井恭弘 (University of Pittsburgh)
    • Lexical and grammatical aspect in language acquisition, processing, and disorders
  • 招待シンポジウム: 「二重目的語構文への心理言語学的アプローチ」
    • 講演者:小泉政利(東北大学),鈴木孝明(京都産業大学),玉岡賀津雄(麗澤大学),山下裕子(ロチェスター工科大学)
  • 大会実行委員長: 寺尾康(静岡県立大学)

言語科学会第九回年次国際大会

  • 大会HP
  • 大会プログラム
  • 日程: 2007年7月7日(土)〜8日(日)
  • 場所: 宮城学院女子大学
  • 基調講演
    • Andrea Moro (University “Vita-Salute” SanRaffaele)
      •  The borders of Babel: The brain and the enigma of impossible languages
    • 市田泰弘(国立身体障害者リハビリテーションセンター)
      • 手話の言語学ー言語の図像性をめぐってー
  • 招待シンポジウム: 「言語の起源」
    • 講演者: 渡辺茂(慶應義塾大学)、岡ノ谷一夫(理化学研究所)
  • 大会実行委員長: 遊佐典昭(宮城学院女子大学)、森博英(日本大学)

言語科学会第八回年次国際大会

  • 第8回大会プログラム
  • 日程: 2006年6月10日(土)〜11日(日)
  • 場所: 国際基督教大学(東京、三鷹市)
  • 基調講演
    • Fred Genesee (McGill University)
      • Bilingual First Language Acquisition: Exploring the Limits of the Language Faculty
    • Florian Coulmas (Duisburg University)
      • The Future of Writing
    • 窪薗晴夫 (神戸大学)
      • 日本語のレキシコンとアクセント
  • 大会実行委員長: Suzanne Quay, 佐藤豊 (国際基督教大学)

言語科学会第七回年次国際大会

(共催: 上智大学国際言語情報研究所)

  • 大会プログラム
  • 日程: 2005年6月25日(土)〜26日(日)
  • 場所: 上智大学四谷キャンパス(東京)
  • 大会実行委員長: 森 博英(日本大学)・小柳かおる(上智大学)
  • 基調講演:
    • Dan I. Slobin(University of California, Berkeley)
      • The child learns to think for speaking: Puzzles of crosslinguistic diversity in form-meaning mappings
    • 吉田研作(上智大学):
    • 「教師の教え方と生徒の英語力への影響」

言語科学会第六回年次国際大会

  • 大会プログラム
  • 日程: 2004年7月17日(土)〜18日(日)
  • 場所: 愛知淑徳大学星が丘キャンパス(愛知県名古屋市)
  • 大会実行委員長: 宮田Susanne
  • 招待講演:
    • Bonnie Schwartz (University of Hawai’i at Manoa)
    • 大津由紀雄 (慶應義塾大学)

言語科学会第五回年次国際大会

  • 日程: 2003年7月5日(土)〜6日(日)
  • 場所: 神大会館
  • 大会実行委員長: 小椋たみ子(神戸大学文学部)
  • 招待講演:
    • Catherine E. Snow(Harvard Graduate School of Education)
  • 特別講演:
    • 柴谷方良(Rice University)

言語科学会第四回年次国際大会 [#g6069518]

  • 第4回大会プログラム
  • 日程: 2002年7月6日(土)〜7日(日)
  • 場所: 日本女子大学西生田キャンパス(川崎市;新宿から30分)
  • 基調講演
  • Andrew Radford (University of Essex)
    • “On the nature of the grammatical deficit in children with Specific Language Impairment: evidence from English”
    • (特異的言語発達障害(SLI)児における文法障害の性質について:英語の事例をもとに)
  • 特別講演
    • 投野由紀夫 (明海大学)
    • 「英語学習者コーパス研究:現状と第二言語習得研究への具体的応用例)」
  • 招待シンポジウム: 「言語への前適応: 動物認知研究からの視点」
    • (岡ノ谷一夫、板倉昭二他)
  • シンポジウム:「絵本読み場面で子どもは何を学んでいるのか」
    • (企画:針生悦子、司会:内田伸子)

言語科学会第三回年次国際大会

  • 第3回大会プログラム
  • 日程: 2001年6月23日(土)〜24日(日)
  • 場所: 日本女子大学西生田キャンパス(川崎市;新宿から30分)
  • 招待講演
    • William O’Grady (ハワイ大学):
    • “Language Acquisition and Language Loss”
  • 特別講演
    • 須賀哲夫 (日本女子大学):
    • 「言語獲得の謎を解く」(言語獲得シュミレータMLASのデモを含む)
  • シンポジウム:”Issues in Japanese Bilingual Education”
  • Organizer: Emiko Yukawa (Notre Dame Women’s College of Kyoto)

第二回JCHAT言語科学研究会年次大会

  • 第2回大会プログラム
  • 日時: 2000年8月4日(金)〜5日(土)の2日間
  • 場所: コープイン京都大学生協京都会館
  • 住所: 〒604 京都市中京区柳馬場蛸薬師上ル
  • 招待講演
    • Michael Tomasello (Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology)

第一回JCHAT言語科学研究会年次大会

  • 日時: 1999年8月7日(土)〜8日(日)の2日間
  • 特別講演:
    • Brian MacWhinney (CMU)
  • 第1回大会プログラム